• 刺青を消す4種類の方法

    • 刺青を消す方法は、レーザーと皮膚切除、剥削、皮膚移植の4通りがあります。

      レーザーは、黒色のみに反応するので、それ以外の色がある場合は不向きとなり、完全に消す事は不可能となります。


      方法は、刺青に直接レーザーを照射すると、照射した部分が火傷した状態になりケロイド状になります。

      刺青を消すのお得情報を用意いたしました。

      この状態になると、皮膚は再生しようとする働きがあり、新しく再生した皮膚は刺青を入れる前の皮膚が再生するので徐々に薄くなり、火傷痕が治ってから再びレーザーを照射して、繰り返す事によって消す方法となりますが、治療期間が1年から1年半くらいかかり、2ヶ月に1回程度は通院が必要になります。

      教えて!gooの最新情報を掲載しています。

      皮膚切除は、刺青部分の皮膚を切り取って、残った皮膚を引っ張り繋ぎ合わせて縫い合わせる除去手術で、大きさによっては段階的に数回行い、皮膚の状態が安定すまで4ヶ月程度必要なので、複数回除去手術を行う場合は、治療期間が長くなります。
      また、縫合した痕は、徐々に薄くなり皮膚と同じ色になりますが、傷痕は一生消えない結果となります。


      剥削は、広範囲にある刺青や多くの色が使われている場合に適していて、皮膚の表面のみを削って薄くし、レーザーを照射する方法となります。

      1回の治療で剥削とレーザーが同時に行えるので、場合によっては治療期間が短くなります。皮膚移植は、背中や太ももなどから皮膚を切り取って移植する方法で、皮膚表面を自然に整える事が可能で、術後は数回通院する程度となります。



  • びっくり!

  • なるほどね!美容

  • 美容の秘訣・プチ情報